Back

未来を躍動するMAF-PROFIL社が人とくるまのテクノロジー展 2024に出展

80年の歴史と170の特許を有するファスナーの世界的メーカーPennEngineering®(本社:アメリカ、CEO:Pete George)の子会社であるPROFIL®は、2024年5月22日~ 24日に横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展 2024」に、MAF(機械的締結ファスナー)を出展します。MAFは、溶接に代わる技術で、①コスト②品質③環境負荷の面で溶接ファスナーにまさる利点があります。

自動車産業の未来を担うPROFIL社

PROFIL®は、80年以上の歴史を持つPennEngineering®グループの一員です。

PennEngineering®は、自動車や家電製品を含むさまざまな市場での機械的締結ファスナー、取り付け機器、および部品ソリューションのグローバルリーダーであり、18か国で事業を展開し、年間120億個以上の部品を製造し、4,000人以上の従業員を雇用しています。

その子会社であるPROFIL®は、50年以上にわたって世界の自動車メーカーと協力し、信頼性とコストパフォーマンスにすぐれた工業用ファスナーを開発してきました。自動車用ファスナーの分野ではもちろん、エレクトロニクス、EV用ファスナーの分野でも他社を寄せつけません。

革新をもたらすPROFIL®機械的締結ファスナー(MAF)

PROFIL®の機械的締結ファスナー(MAF)技術は、順送プレス機およびトランスファープレス機の自動プレスラインを活用し、完全自動の締結を実現します。また、多数チャネルの選別・供給機によってファスナーがピアスヘッドに搬送されるため、大量生産において特にコストパフォーマンスが高くなります。さらに、各ストロークで1つまたは複数のファスナーを所定の位置に締結できるため、効率的な生産が可能です。MAF技術は、自動車産業における組み立てプロセスの効率性とコスト削減に革新をもたらします。

完全一体型イン・ダイ締結-溶接ファスナーを上回る3つのメリット

PROFIL®が提供するイン・ダイ締結は、機械的締結ファスナー (MAF)をプレスライン工程で母材へ締結する、完全自動化されたソリューションです。このシステムには、溶接ファスナーと比べて主に3つのメリットがあります。

1つ目は上述の通り、コスト面でのメリットです。イン・ダイ締結は完全自動化されたプロセスのため、熟練の技を持つ技師は必要ありません。従来の溶接ファスナーメーカーのように、専門性があり経験値の高い人材を多数採用する必要がないため、採用コストがかなり抑えられます。また、複数の工程を一つにまとめることで作業中の部品数も減少します。結果として、最大30%のコスト削減が実現可能です。

2つ目は品質面でのメリットです。PROFIL®機械的締結ファスナー(MAF)は、溶接ファスナーで必要となる熱源がないため、熱的影響による弱点部が発生しません。つまり、より優れた疲労耐性があるといえます。また、アルミニウムからプレス硬化鋼に至るまで、さまざまな材料に対して強固な締結を提供可能です。

3つ目は環境面への配慮です。イン・ダイシステムではヒュームやその他の汚染ガスの発生がないため、年間で1,600トンのCO2削減が可能になります。また、溶接ファスナー製造に比べて80%も製造にかかるエネルギーが削減できるため、環境への負荷も大幅に低減します。

未来を見据えて-人とくるまのテクノロジー展2024

2024年5月22日~ 24日に横浜で開催される人とくるまのテクノロジー展 2024ブース#428にて、PROFIL®は未来を躍動するMAFを惜しみなく披露いたします。革新的な提案を、ぜひ体感しにいらしてください。スタッフにお声がけいただければ、丁寧にご説明させていただきます。

自動車産業におけるMAFの新しい可能性を、一緒に探ってみませんか?
横浜でお待ちしております。